車は車検を通した方がいいのか?洗車はした方がいいのか?

山形県山形市に住んでいる車太郎です。

今回は、車検と洗車について書こうと思います。

車を売る時、車検は通した方が良いのかそのままで良いのかってわからない人もいるんじゃないでしょうか?

ではどっちなのかというと、「車検は通さない方がいい」です。

何故かというと、車検を通しても車検費用よりも査定額がプラスになる事はほぼないからです。

ただ、車検が残り1年以上残っているなら出してしまっても問題ない事があります。1年以上残っている場合はプラス査定になる事がある為です。

しかし、車検が残り2ヵ月を切ってしまっているとむしろマイナス査定になってしまう事があります。どれくらいプラスになるのかというと、一般的な車で車検の残りが3年ある場合は、大体7万円くらいです。

そう考えた時、ほとんどの場合でプラスに働くことはないので、できるだけ車検は通さずに売ってしまった方がむしろ得になる事が多いのです。

次に洗車はした方がいいのかですが、これは「洗車はしない方がいい」です。

汚れている車を売りに出した方がマイナスになってしまうのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それも間違いではありません。

しかし、洗車をしてしまった事で、汚れている時には目立たなった傷が余計に目立ってしまい、それこそ大幅なマイナスになってしまいかねないのです。

その為、大幅な減額を避けるなら洗車は出さない方が得になります。

だからといって車内の掃除もしなくて良いというわけではありません。

車内はできるだけキレイにしておく方がいいです。食べカスやたばこの臭いなどが残っていると、買い取ってくれが業者はその後に掃除をしたり、メンテナンスをする際に余計に作業が増えてしまうので大変になります。

タバコの臭いは気にされる方もいるので、最悪かなり値段を落として売らないといけなくなってしまうのです。

なので、あまり良い印象を持たれません。

可能であれば車内はちょっと神経質なくらいキレイにしておいた方が良い印象を与える事ができます。