自己資金が少なくても始められるのが、
FXの魅力です。

仮に10万円を証拠金としてFX会社に預けて
トレードを開始する場合ですが、

まず決めなければならないのは、
レバレッジと損きり額の設定です。

あっという間に証拠金全てを失ってしまうと
ギャンブルになってしまうからです。

そこで堅実な投資を続けていく方法ですが、
自己資金が少しずつでも増えていかなければならないのです。

仮に損金が出ても挽回できる自己資金額に対する
レバレッジの倍率とロスカット額の設定です。

仮にレバレッジを2倍にすると
証拠金10万円なら20万円のトレードができますが、

1ドル100円が幾らになったときに決済すれば
良いのかをシュミレーションしていく必要があると思います。
身近なギャンブルにパチンコやスロットがありますが、
お店の利益はしっかりと確保されていて、
それぞれの機械には勝率の設定ができます。

これらのギャンブルは
お店がお客様に勝たせすぎて
損をすることはないように出来ています。

これは競馬や宝くじの世界でも同じで、
主催者の利益分から残った金額を
お客様同士で取り合っているのです。

そして我がFX会社ですが、
通貨売買の代行を業務として成り立っています。

でも株式投資には手数料は設定されていますが、
昨今のFX会社では手数料ゼロが当たり前です。

実はFXとしての通貨売買には、
スプレッドという約束事があります。

通貨レートの売値と買値は同じでなくて、
差額があるのです。

ニュースで、
1ドル101円50銭から101円65銭で
取引されています。

などと報じられていますが、
この差額の15銭がスプレッドで
FX会社の利益になるのです。

またスワップの売り買いの差額もそうです。

あ、でもここの差額がないのがくりっく365と
専業業者ではDMMFXになります。
専業業者では珍しいですよね!


昨今FX業者のスプレッド縮小競争が激しくなり、
今ではほとんどの業者が同じようなスプレッド幅で
FXでの取引ができるようになっています。

ドル円が1銭のスプレッド幅で提供していたのは
もうかなり昔のことになりますし、
その当時はスプレッド幅1銭というのは驚異的な数字でしたが、
今では高いとすら感じてしまいますね。

通常取引コストが下がることは歓迎すべきことですし、
全く同じ取引をした場合コスト分がそのまま利益となることになりますので

スプレッド縮小というのはFXでのトレーダーにとってとて
も喜ばしいことになりますが危険な要素を含んでいます。

それは、自分のトレードの腕を磨く機会が
失われてしまっているということ、
コスト・利益にばかり気にしてしまうことになり
トータルでの資産運用がうまくいかない可能性があることというのが
注意すべきポイントとなってきます。

スプレッドが狭くなったからといって
多用に取引をしていては元も子もないですよね。

スプレッド縮小に潜んだ落とし穴をよく考えて取引しましょう。


よくギャンブルの競馬とFXを比較して考える傾向がある私ですが、

競馬の場合の日本中央競馬会は、

主催社として売り上げの数パーセントを引いた額で

馬券を買った人への配当としますから、

利益確保はしっかりと出来ていて、

まあ経営破たんなんてないでしょうね。


そして投資の方ですが、株式投資では、

証券会社は売買の手数料によって成り立っています。



でも、FX会社で売買手数料を取っているところはありませんよね。

でもFX会社は、しっかりと利益を確保していて、

インターバンクとの取引の仲介をしている事で成り立っているのです。



為替レートは変動していますが、

ニュースを見て行くと、00円00銭?00円00銭と言った表示になってでてきますよね。



実はその差額がFX会社の取りで利益なのです。

ですから、FX会社としては、お客さまが頻繁に売買してくれる

とどんどん利益が出てくる仕組みなのですね。


FXとは1社の最も安心できるFX業者との間だけで
行っていくものだと思っていたら、
どうも数社と契約して行く方が、良いというのです。

FXは手数料も掛からないので、
数社と契約しておいて、
トレードの使い分けをしていくこともできますよね。

数社で行っていくと仮にA社では、
証拠金が厳しい状態で、
B社ではスワップポイントで長期トレードにでていて、
緩やかでも利益がでているとかの状態になっていきます。

あるいはC社とは、
デイトレード状態で、
額は少なくても、
上下するFXの臨場感を楽しめていけるのです。


まあ、FXって大金を儲けるというよりは、
ゲーム感覚で楽しんでいくものですから、
多くのFX会社を持ってやっていくことはありでしょう。

さらに、その中から一番付き会って
メリットがある会社に絞って行くことも可能なのですから。

ドル円が上昇トレンドの気配、

え、これは確かかなと、

帰宅後にすかさずトレード開始

 

下がり目を予想して1分足をチェックしていたら、

何故だかそろそろ下 がってくるのでは。

とこれもナイスなタイミングです。

 

しかし結果は逆張り失敗です。

早すぎたんです。

 

その後上昇してしまい、

再度仕切りなおし。

 

最近はこの パターン確実に増えてますから

かなり用心しないとなりません。

 

VPSに移行したいけど

なかなか詰められないことで

運が悪くなっているのかもしれません。

 

お名前のVPS、確かに今は絶好調な感じなんですが、

ユーザがどんどん増えているので

今後オプションが登場するかもしれないですね。

それにしてももう、暑い、最中、

という日々がやってきてしまいましたね。

 

夏とFX - FX会社のあれこれブログ

| コメント(0)

毎日暑いですね。

暑いと外に出たくなくなります。

 

家にこもっていると、

やることは1つ、FXです。

 

適度にエアコンの効いた部屋で

ひたすらFXに関する情報を集めています。

 

そしてその情報を元にして、

今日のねらいどころを決めています。

 

外はすごい熱気だと思うのです。

そんな中にはなかなか出かける気がしません。

買い物だって涼しくなってからやっとって感じです。

 

暑い中働いている人には申し訳ないなと思っていますが、

どうしても家の中で快適に過ごしたいと思わせるほどの暑さなんです。

 

そして家にいる時間はFXが気になってしまって、

パソコンに向かってしまうというわけです。

 

でも、ずっとFXをしているからって、

勝てるわけではないのが残念です。

 

FX業者を選ぶ基準は
スワップ金利が高い所がいいらしい。

 

とは言うけれど、スワップ金利って何?
スワップって交換って意味でしょ。

 

金利を交換する?へ?
どういう事ですか?
と初心者ならば誰しもが頭を
捻る所ではないでしょうか。

 

FXで言う所のスワップ金利とは、
取引をしている2カ国間の金利差の事を言います。

 

金利が高い国の通貨を買えば
その差を手に入れる事が出来、
逆に売ればその分を支払わないといけません。

 

ちなみに日本の金利は世界的に見ても、
かなり低いので人気が高くなっています。

 

このシステムを上手く利用した
「スワップ投資」で運用している人もいます。

 

この方法を用いれば急に円高になったとしても
大きなリスクを背負う事は殆どありません。

現在はさまざまなFX会社が登場しています。

 

FXを始めるためにはFX取引をする

FX会社を選ぶ必要があります。

 

FX会社を選ぶために、もしくはFX会社の

乗り換えのために参考になるのが、

「FX業者の取引高ランキング」です。

 

取引高ランキングとは、それぞれのFX 業者の

月間や年間の取引高を計算し、

高い順にランキング形式にしたものをいいます。

 

取引高ランキングはインターネット上でも公開されており、

さまざまなサイトで見ることができます。


では年間取引高の多いFX会社はどこでしょうか?


その前にどうして年間取引高の多いFX業者がいいのかというと、

アクティブトレーダーに多く利用しているということが挙げられます。

 

FX業者の基準は、口座開設数、預かり資産の多さなどさまざまあります。

しかしアクティブトレーダーに強い支 持を受けている会社の方が、

低スプレッドであったり、手数料が安い、取引ツールが使いやすかったりなど、

トレーダーにとって嬉しいポイントが多いものです。


では2012年のランキングです。
電子業界誌のフォレックス・マグネイトによる

「年間取引高調査報告書(2012年分)」によると、

GMOクリック証券が1位を獲得しています。

2013年上半期(1?6月の取引高ランキング)でも

すでに1位を獲得していました。